戻る

教えて!
子育てプチ情報

2020/09/09

子育てブログ事故

9月 子どものベランダからの転落事故に注意しましょう。

子どものベランダからの転落事故を防ぐためには?


マンションのベランダや窓から、子どもが転落する事故が後を絶ちません。


都内では、歩き始めたばかりの小さな子どもを中心に、年間10件前後の事故が起きています。特に2020年はコロナ禍により自宅で過ごす時間が増えているため、これまで以上に気をつけたいものです。




●このようなときに、転落事故が起きています!


  • 子供をベランダで遊ばせていた。
  • ごみ出しや買い物などのため、少しの間子供を部屋に一人きりにさせていたところ、子供が自分でベランダに出てしまった。
  • ベランダの外の自動車や動物などを見るために、また家族などの見送りをするため、手すりによじ登った。
  • 保護者が洗濯物を干しているときに子供がベランダに出たり、子供自身が布団を干していた。




●いまからできる対策


◇見守りと教育


  • 少しの間でもベランダのある部屋に子どもを一人にしない。
  • 子どもだけ置いて外出しない。
  • 子どもを一人でベランダに出さない。
  • 子どもが理解できる方法で、転落の可能性や怖さを教える。

◇ベランダ周辺環境の見直し


  • ベランダに遊び道具を置かない。
  • 足がかりになるようなプランターや椅子などを置かない。
  • エアコンの室外機は手すりから十分に離して設置する。
  • ベランダへの出入口は施錠する。(子どもが届かない位置に補助錠を設置)
  • 定期的にメンテナンスする。(手すりのガタ付きや劣化をチェック)

◇安全な住宅選び(引っ越しの際などに参考にしたいポイント)


  • よじ登れないデザインの手すりかどうか?
  • 手すりの高さなどは子どもの安全に配慮されているか?


(詳しくは図を参照)

  • エアコンの室外機は手すりから十分に離れているか?

(図を参照)




子どもを転落事故から守るために東京都では注意喚起のリーフレットを配布中。

より詳しく知ることができるので、ぜひ一度目を通してみましょう。


こちらから簡単にダウンロード可能です↓

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h29/documents/29_leaflet_balcony.pdf


参考URL;

東京くらしWEB 子供のベランダからの転落事故に注意!

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h29/29-05_leaflet_balcony.html


*写真は写真ACより

https://www.photo-ac.com/