戻る

教えて!
子育てプチ情報

2021/01/05

子育てブログ食事

1月 まだまだ続くお正月の行事

新しい年の始まりであるお正月の後にも、日本にはたくさんの行事があります。

日本の行事には、家族が健康で幸せに暮らしてほしいという思いが込められています。

親子であらためて日本の伝統行事について楽しく学んでみませんか。


1月7日 七草粥


1月7日の「人日(じんじつ)の節句」は、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)などを含む五節句のひとつです。人日の節句には、春の七草である、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロが入った『七草粥』が昔から食べられています。七草粥には、7種類の若菜の生命力をいただき、一年間を健康に過ごしたいという願いが込められています。


七草粥を食べる前に、子供に春の七草を実際に見せて、一緒にスケッチをしたり、七草粥のお話をしたりするのはいかがでしょうか。


1月11日 鏡開き


鏡開きの日とは、新しい1年の門出として家族の幸せを願って、お供えしていた鏡餅を割って食べる日です。お正月の松の内の期間が終わる頃、毎年行われる重要な伝統行事とされています。お餅を割るのに刃物を使うのは縁起が悪いとされているので、昔から包丁は使わずに手や木槌(きづち)で行ってきました。今年は鏡開きを子供と一緒に行ってみてはいかがでしょうか? 割ったお餅は、お汁粉やきなこ餅、磯辺餅などはもちろん、油で揚げて揚げ餅にするのもおすすめです。


1月15日 小正月


小正月とは、古い暦では満月から次の満月を1か月として、満月から15日目を月の始めと考えられてきたことに由来します。小正月の朝には、邪気を祓う(はらう)といわれる小豆を入れた小豆粥を家族で食べ、家族みんなの一年の健康を祈ります。小正月には、日本各地でどんど焼きや、秋田のかまくらなど、現代でも様々な行事が行われています。今年は新型コロナウイルスの影響により多くの行事が見送られていますが、この機会に地域の伝統行事について親子で調べてみるのもいいですね。


2月2日 節分


季節の分かれ目を意味する立春(りっしゅん)の前日が、2月2日の節分です。古くは立春から一年が始まるとされ、今でも節分を大晦日のように「年越し」や「年取り」などと呼ぶ地域もあります。節分には、「鬼は外~!福は内~!」と言いながら大豆を炒った福豆をまき、自分の年の数だけ豆を食べます。これは病いや災いと考えられていた鬼=邪気を豆で祓い(はらい)、さらに豆を食べることで力を養い、一年の幸福を願うという意が込められています。なぜ豆なのかと言うと、豆は日本人にとって米と同様に大切なエネルギー源であり、霊力を持つ食物として重宝されてきたからです。


今年の節分は、鬼のお面を子供と一緒に手作りするところから始めてみませんか。


家族みんなの健やかな幸せを願い行われる日本ならではの伝統行事を、親子で一緒に楽しんでみてください。




<参考>

農林水産省 和食すごろく

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/pdf/sugoeoku1.pdf

農林水産省 いろいろな年中行事

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/attach/pdf/index-99.pdf


*写真は写真ACより

https://www.photo-ac.com/